Power In Numbers Music Page

ニュージーランドのオークランドのブログです。

Eminem - You're Never Over

リカヴァリー

Eminemも大好きです。

ライブの為にシドニーまで行ってしまうくらい好きです。

今回は彼のアルバムの中でもお気に入りトップ3に入るRecoveryからの一曲。

続きを読む

Nas - illmatic

イルマティック XX

そうなんです。

他のHipHop好きと同じく(芸がないですね)、Nasも好きなんです。

彼については検索するだけで途方もないような緻密な内容のブログも出てくると思うので、詳しいことはそちらをご参照ください笑

Nasのライブには4回位行っているハズです。

続きを読む

アデルのライブ in オークランド

f:id:enquire:20170807182917j:plain

ニュージーランドオークランドのアデルのライブに行ってきたよ。

追加公演に次ぐ追加公演で、トータル三日間。

動員数はなんと130,000人!しっかり記録を塗り替えています。

www.newshub.co.nz

自分は二日間行きました♪

続きを読む

Syd - Body


Syd - Body (Audio)

The Internetの紅一点(という表現は本人は気にくわないかもしれないけど)、Syd tha KydことSydのソロプロジェクトからのセカンドシングル。

……今年のベスト決定!笑

 

 

Body

Body

  • Syd
  • R&B/ソウル
  • ¥250

 シンセを響かせてナンボというようなこの時代に、音数をこれだけ少なく、しかも歌詞を詰め込まずに本人の声だけでこれだけの表情をのぞかせることが出来るシンガーはここ数年見たことがない。

上手過ぎじゃない!?どうなってんの?

ライブでもしっかり上手い。

が、観客が一緒に大合唱するので大抵かき消される笑

Know

Know

  • Syd
  • R&B/ソウル
  • ¥250

 

アルバム二曲目のKnowではアリーヤを彷彿とさせ、涙腺が……

アリーヤとティンバ、ミッシーが当時どれだけ未来に生きていたのかを実感すると供に、気負いなど一切見せない(ように歌う)Sydに惚れ惚れしてします。

 

もしかしたらSydだけの腕ではなく長年一緒に活動をしてきているNick Greenとのケミストリーから生まれる逸品なのかもしれないけど。

 

2010年以降で言葉少なに歌うアーティストで印象的だったのは、Keri Hilson。

彼女のKnock You Downは音の波を華麗に泳いでいて本当に素敵でした。 

Knock You Down

Knock You Down

 Ne-Yoがバシャバシャ暴れた後に、蟹江おじさんが不器用に登場したりと面白い曲でした笑

 

 

下のFader誌のインタビューでSydはこのアルバムについて下記の様に語っています。

“For me, this is like an in-between thing — maybe get a song on the radio, maybe make some money, have some new shit to perform.”

www.thefader.com

 

「これはあくまで(自分とバンドの)中間に位置するような物なの。ラジオで流れる様な曲を出せればいいし、お金にもなるかもしれない。ライブでも出来るようなヤツ。」

このリラックスしたスタンスがアルバム全体に満ちていてます。

 

おーすーすーめーだー!!!!

Krizz Kaliko - Big FU


Big FU

Tech N9ne率いるStrange MusicのKrizz Kaliko。

ラッパーとしてのスキルもさることながら、一番のウリは、そう、歌なのだ。

続きを読む

Adele - Someone Like You


Adele - Someone Like You

 

Adeleと言えば、アルバム「21」の最後に収録されているこの曲、Someone Like You。

この人は年齢がそのままアルバムタイトルになっているのでわかりやすいですね。

続きを読む

TLC - Diggin' On You 対訳

 

今回の対訳はTLCのセカンドアルバム「CrazySexyCool」に収録されている、Diggin' on You。

プロデュースはベイビーフェイス。


TLC - Diggin' On You

 

ちなみにこの曲のシングルにはTony Rich Projectの名曲、Nobody Knowsのカバーも収録されている。

 

続きを読む