Power In Numbers Music Page

ニュージーランドのオークランドのブログです。

Nas - illmatic

イルマティック XX

そうなんです。

他のHipHop好きと同じく(芸がないですね)、Nasも好きなんです。

彼については検索するだけで途方もないような緻密な内容のブログも出てくると思うので、詳しいことはそちらをご参照ください笑

Nasのライブには4回位行っているハズです。

一回目

Nasを始めて観たのは日本でのライブ。

NAS(ナズ)一夜限りの来日公演が決定!! (2008/10/24) 洋楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

丁度日本に帰国しているタイミングでNasが来るという情報を聞きつけ、最初で最後かもしれない!!と思い喜び勇んで会場に行きました。

その時は興奮しすぎて後光が差しているイメージしかありませんでした。

タバコ臭いし、観客は異常に盛り上がってるし、あまり集中して観られなかった。

 

ライブ後に元Hi-TimezのタランチュラさんとL-Vokalさんがいてドキッとしたせいでライブの余韻に浸りきれなかったのだ。

人のせいにしてすみません汗

二回目

次にNasを観たのはここオークランドで。

www.stuff.co.nz

ダミアンの渋さとNasのカッコよさに痺れながら……と思ったけど、あの日はいつも以上に観客が葉っぱを吸っていたせいでそれに痺れていたのかもしれない。

ニュージーランドも吸う人で溢れかえっているのでライブ会場はいつもモクモクなんです。

最後に演ったOne Micは鳥肌が立つ位Nasのリリックと佇まいがマッチしていた。

何より凄かったのは二時間以上旗を振り続けた旗おじさん。

あの人はまちがいなくMVPですね。

三回目と四回目

最後に行ったのがillmatic20周年ツアー。

名盤illmaticを全部ラップしてくれるという天国の様なライブです。

www.stuff.co.nz

DJ Green Lanternも一緒に来ていました。

これは二日間行きました。

 

この時、後光が指す程のラッパーを二日連続で観て、とある疑念が確信に変わる……

確信に変わる

Nasってお茶目じゃない?

 

お茶目ラッパーと言えば、そうK Dub Shine兄さん。

それに負けない位お茶目。

むしろ大御所の雰囲気漂う天然っぷり。

 

一曲ごとに「プァプァプァープァァァァァァァァー!」ってお馴染みのサイレンを鳴らして一瞬キメる。

しつこい位にビシッとキメる。

その後に何やら踊る。

カクカク踊る。

でおもむろにラップを始める。

 

ハードコアで詩人なイメージがガラガラと崩れ去るんだけど、あの声であのリリックを精一杯ラップしている姿を見るとサササッと後光が差し始める。

で、「プァプァプァープァァァァァァァァー!」の瞬間に後光がはじけ飛ぶ。

でもラップをするに従って光が差し始める。

 

あの人はラップをしている時は神が降りてくる仕様になっているんだと思う。

Jay-Zが落ち目の彼を救うためにBeef騒動に一役買ってあげたのも納得です。

 

お茶目だけど、それでもかっこよすぎたのでサインももらってしまった。

かっこよすぎて膝が震えた。

f:id:enquire:20170808192900j:plain